スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテルSSDオプティマイザー

最近SSDが世の中に出回ってくるようになりました。まだ高いとは思いますが、サーバーユースでも広がりを見せています。ただ、信頼性については未知数な部分があります。私はまだ使ったことがないので感覚的な信頼性についてもわかりません。

インテルSSDオプティマイザーという機能が、インテル製のSSDにはあるようです。信頼性向上の機能があります。(以下参照)
http://www.intel.com/jp/consumer/Shop/diy/features/ssd/optimizer/p4.htm

一覧を見てみるとS.M.A.R.Tがあります。SSDにもあることをはじめて知りました。そもそもSSDには書き込み回数に上限があると言われていますか、それ以外にもいろいろとチェックする仕組みがあるようです。とはいえ、googleの有名な論文(Failure Trend in a Large Disk Drive Population)にもあるように、S.M.A.R.Tは万能ではありません。そういったこともあるのでSSDの信頼性が統計的にこなれて、明らかになるのはもう少し先な気がします。

また、そもそもHDDはエラーで検知しても予防交換の場合、一度ストレージベンダーに戻るものの論理的な不具合と判断されればそのまま再出荷になりますし、何が故障で問題ないのかがイマイチよくわからないこともあります。SSDの場合、明らかに寿命があるのでそのまま再出荷されるかはわかりません。一度ストレージベンダーやディスクベンダーに聞いてみたいと思います。とはいえSSDの早さには魅力もありますし(PCだと起動が段違いに早いですね)、もっと価格がこなれてくれば世界が変わりそうな気もします。多くのシステムでボトルネックが移動するんだと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。