スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6Dを使い切りたい

今までフィルム時代の癖が抜けず連写はなんかもったいないと思ってました。スポーツとか動きのあるものだとISO800とかのフィルムを使ってましたが、3連写しただけで12回のシャッターでフィルムが終わりますから連写には贅沢なイメージがあります。オマケに現像代も高かった(笑)でもデジタルにはそんな心配は無用ですね。そもそも失敗した写真を消せるのは大きいです。

ってことで、連写を考えはじめたのですが、そうなるとAIサーボが有効みたいです。ずっとフォーカスし続けてくれる優れものです。直線的な動きに強いようですが、ズームレンズで使うと最高でしょうね。流し撮りもやりやすそうです。今後ズームレンズを買うときの相性にも注意したいと思います。AFの速さが大事かもしれません。

試しに標準レンズで試してみましたが、確かにずっと追い続けてくれます。連写モードにして撮ってみましたが、7連写で止まりました。どうやらRAW+JPEGだとそんなもんみたいですね。特に不満はないのですが、SDカードネックになっていないか気になったので少し調べてみました。

すると、カードによっては8枚まで連写できるようです。今使っているのはトランセンドの16GBクラス10ですが、最近はもっと早いカードがあるんですね。そもそもクラスの意味を知りませんでしたが、クラス10だと10MB/sのIOを保証しているようです。最近ではUHS-Iなる規格ができているようで、最速90MB/s以上もあるようです。凄いとは思うものの実際にはカメラの限界で使い切れない(連写が1、2枚増えるだけ)ので、そこまではいらないでしょう。

という訳で、次回はUHS-I対応の安めなものを選ぼうと思います。また、トランセンドかな。それか信頼性のサンディスクか。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。