スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピントチェックでちゃんとチェック

カメラって純正でもピントがズレていたりすることもあります。どんなに高価なものでもズレているときはズレているらしいです。そこでピントチェックしてみました。

ピントチェックにはピントチェックシートを使います。適当にネットからダウンロードしました。ピントが合っているかわかりやすいように両方とも開放(被写界深度低く)で撮ってます。

まず、24-105mm F4のレンズから。はじめは売ってしまって大三元の中を買おうかと思ってましたが、思いの外使い勝手がよく気に入って使ってます。
24-105_F4_L
画像を縮小してしまいましたが、ピントには問題ないように思います。ただ、両サイドの端のほうが外に向けてピントの合っている位置が下がっていきます。こういうレンズ特性なのか、撮影法の問題かは無知なのでわかりません。ただ、30°くらいの角度で、さらに被写界深度を浅くするために望遠を効かせているからかもしれません。

続いてF1.4の50mm単焦点です。これは特に問題ないと思います。ピントもバッチリでした。
50_F1_4

あまり真面目にカメラを勉強したことないのでこれからもっと勉強します。ところでF1.4を開放で、しかも至近距離で撮るとかなりピント合わせが難しくなります。ポートレートを斜め前から撮ろうとすると片方の目しかくっきりしなくなるくらいのボケです。よく、F1.2のレンズはじゃじゃ馬なんて言われたりしますが、本当に手ごわそうです。キャノンに乗り換えたのだから使ってみたいレンズですが、使いこなすのは相当難しいでしょうね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。