2014年02月

焚き火台

北海道にキャンプしに行くのが今年の目標ですが、車の積算能力を考えるとBBQコンロでは場所を取りすぎるのでコンパクトなものを考えてました。候補としてはありきたりですが、スノーピークの焚き火台とユニフレームのファイアグリルです。テントはスノーピークを使っていてお気に入りなので焚き火台もと思ってました。が、実際に店で見ると想像以上に重かったです。焚き火台に炭床とベースプレートを入れると余裕の10キロオーバー。さらにBBQのグッズも入れるととんでもない重さです。元々はオートキャンプが好きではないので、フリーサイトまで持ち歩くことを考えると致命的です。キャンプ道具は焚き火台だけじゃないですから。。。

で、ユニフレームを持ってみると軽い。しかも安い(笑)連泊キャンプするならスノピもいいですが、基本的に寝るためのキャンプなのでユニフレームで十分という結論になりました。あと、細かいところですが、スノピは急な雨などで場所の移動ができない(困難)なのも選ばなかった理由です。

早速組み立ててみたのがこちら。作りも悪くないですな。
201402173

あと、鍋料理もしたいのでヘビーロストルも買いました。思った以上にしっかりしてますよ。しかもズレない。
201402172

あとはワンオフ鉄板も乗せてみました。かれこれ7年くらい育ててます。鉄板焼きにはこの厚さがベストなんです。1センチのも試してみましたが、厚すぎるとだめなんですよ。ものには限度ってもんがあります(笑)
201402171

なお、ファイアグリル用のケース(バッグ)も買いました。帆布かジーンズで作っても良かったのですが、生地代を考えてもほとんど変わらないので買ってしまいました。

次はクーラーボックスです(今のは容量不足)。これは3月にならないと今年の生産分がお店に入ってこないのでしばらくは待ちです。冬に買う人は少ないですからねー(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。