エンジニアのマインド

過熱するAIについて思うこと


最近AIの活用が世間を騒がせています。いろいろな見方はあると思うものの、いくらなんでも過剰では?と思うものが多いです。

少し調べてみるとわかってくるのですが、現在の技術は多くの人の想像に遠く及んでません。残念ながら。でも、以前に比べて理論も進化してきましまし、何よりもそれを支える基盤が充実してきました。

機械学習にしろディープラーニングにしろ、やっていることは極論するとパターン分類です(極論過ぎるかな(笑))。でも、そこには複雑な試行錯誤が必要なのは間違いなく、その試行錯誤を今の技術では自動化できません。

最近ディープラーニングを見ていて、人間の脳と決定的に違うのは、人間の細胞は計算だけでなく記憶もできるのでは?という点です。ディープラーニングの理論として、記憶という部分はネットワークとは切り離しているのですが、個人的には人間の脳は記憶装置がネットワークに内在していると思ってます。勘ですけどね。

まあ、いろいろ進化してはいますが、AIと呼ばれる過剰な状況はもうすぐ落ち着くでしょうね。。。

ちなみに個人的に興味があるのは、ディープラーニングの世界は論理よりも経験が先行しているところです。結果は出ていてもなぜそうなるかがわからないことが多々あります。わからないからこそ面白いと思う訳です。

スポンサーサイト

Aspire 5740 AS5740-13Fのハイスペック化

Aspire 5740 AS5740-13Fのハイスペック化が完了しました。かなり大満足で十分すぎるくらい体感できるレベルアップです。とにかく起動が速い。windows7でスタンバイから立ち上げるのと大差ないです。

OS:Windows7→Windows10
CPU:corei3(変わらず)
メモリ:2GB→8GB
HDD:350GB→960GBSSD
ドライブ:壊れかけのDVDドライブ→パナソニックBR対応ドライブ(UJ-240)

こちらはヨボヨボの日立製HDD。
201605301


移行方法ですが、過去の記事に書いたようにクリーンインストールしようと思いましたが、思ったよりハードルが高かったです。osがOEM版なので制限もありました。そこで行った手順は以外です。

初期出荷状態に戻す
   ↓
プリインストールされている要らないソフトを削除
   ↓
システムバックアップ
   ↓
SSDに入れ替えてシステムバックアップから復旧
   ↓
パーティションの切りなおし
   ↓
window10にアップグレード

完成!
201605302


です。ドライバなどは問題なし。無線LANやプリンタも問題なしでした。これからデータなどは移行していきますが、メインで使ってたほうも同じことやろうかなぁと思うくらいのパフォーマンスの良さです。

ちなみに、コストは
PC:14800円
メモリ:3980円
SSD:22300円
ドライブ:メインPCと入替
でトータル41080円。これ以上無いってコスパの良さです。もう5年はいけるでしょう。

過去の記事①

過去の記事②

PATRIOT BLAST 960GB(2.5 SSD SATAIII 6Gbls)を購入

最近のSSDは本当に安くなりましたね。個人的にはSSDの良さって速さもありますけど、HDDより稼働部品が圧倒的に少なくて(実質無い)壊れないことです。ファームの不具合は仕方ないとも思いますが、それはSSDでもHDDでも起きること。オールフラッシュのストレージなんかかなりいいと思います。最近はあまり聞かないですが、昔はプラッタ上のゴミを振り払うのにアームの動かし方をいろいろ変えたりもしてたんです。そりゃあ物理的に壊れますよ。。。

そんな訳で個人ユースでもSSDが使いやすくなりました。調べてみたところ1tbクラスで2万前半から中盤の価格帯です。今のメインパソコンは500gbのHDDですが、写真のデータが圧迫して残りが少なくてなってきました。アホみたいに連写しないので増加は凄く少ないですけど、それでもRAWデータは食います。ってことで、手の届くレベルに落ちて来たSSDを狙ったのです。

20年くらい前はパソコンが非常に高価なので詳しい友達と秋葉原に行ってほとんど作ってもらってましたけど、随分と変わりましたね。昔はこんなアニメ文化は無かったです。。。でも昔から変わらない店もありました。じゃんがらラーメンまだあるんだぁとか。そういう意味では久しぶりに行っても抵抗は減りました。

まあ、ネットで事前にリサーチしていたのでPATRIOTの960gbモデルが24000円前後なら買おうと思ってました。多分一番コスパがいいと思うので。あ、ちなみに私はベンチマークに興味も無ければほとんど価値を見出しません。体感できるならやりますけど、僅かな差を数値で把握しても無意味です。また、古いのでSATA3じゃないからそもそも性能でない(笑)

で、数件周りましたが、あきばおが安かったです。昔あったかな。よく覚えてないです。税込みで22300円。想定より2000円安く買えました。手間を考えると通販のほうがいいですが、今日欲しかったので。理由はそれだけ(笑)

さて、そろそろドーピング第二弾しますか。

Aspire 5740 AS5740-13Fを購入

Windows10への無料アップグレードの期限が近くなっているんですよ。知ってました?

でもいろいろ面倒だなーと思ってたんですけど、遊び用のLinuxマシンも作りたかったので動くことにしました。でも今ってパソコン高いんですね。今はacerの5750を使っているのですけど、同じマシンを買おうと思うと3万以上します。4年前に買ったのにそんなにするの?って驚きです。しかも最近のパソコンて高くないですか?5年前くらいには5万前後でかなりスペックのいいマシンが買えたと思うのですが、今は全然割安感が無い。

で、、、いろいろ調べて中古を買うことにしました。Aspire 5740 AS5740-13Fを買ったんですが14800円でした。DVDドライブが若干不調。まあ、ブルーレイに替えてしまえばいいのであまり気にしてませんけど。

とりあえずメモリを2GBから8GBに増設するためにAmazonでメモリ購入(Team ノートPC用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 シリーズ 永久保証 (4GBx2)ってもの)。新品ですが3980円でした。

んが、買ったAspire 5740に搭載するもうまく認識できず。OSが起動しません。他のDELLに刺さっていたメモリを刺しても駄目。えーってことで試しに5750の8GBをそのまま移植すると動きました。まあ、acerだから互換性があったのかな。仕方ないので買ったメモリを5750に刺してみるとこちらは何の問題も無く動きました。俺の5750は優秀だ(笑)

以下はメモリ増設のやり方。封を切って、、、
201605241

差し込むだけですけどね。
201605242

ちなみに、HDDのほうも封がありますがここを外すとHDDにアクセスできるだけでなく、DVDドライブの固定用のビスも兼ねてました。よく設計されてますね。
201605243

ちなみにゴールはWindows10移行ですが、いろいろな記事を見るとハードのグレードアップをしてから移行したほうがいいみたいですね。クリーンインストールを狙っているので、準備完了してから移行していきます。

スキル標準(ITSS)

ちょっとしたことがきっかけでスキル診断を受けてみました。転職ではないので断っておきます(笑)

業界的にはレベル4あれば一人前という感じで、それ以上を求めるには経験でしょうか。でも、それを診断すると言っても何をもって認定するのかはよくわからないです。例えば情報処理の高度資格を持っていても、実務で役に立つかというと、そうでもないです。もちろん実務だけだと知識が偏るので、体系的に知識を整理する意味では凄く役に立つと思います。

しかも、スキルが高度になればなるほど評価は難しくなると思います。今回の私の判定は6~7だったのですが、全くもって実感がありません。4以上という自信はありますし、10年近く前に高度資格もいくつか取ってそれなりに経験は積んでますが、そこまでは無いと思います。つまり5以上は判定不能なんでしょうね(5あるかもわからないけど)。

また、技術スキルがあるから美しいシステムが構築できるわけでもないですし、PMPを持っているから1000人月以上のプロジェクトをマネージできるわけでもありません。スキル標準の診断や資格では判定できない要素も多々ある訳で、結局ある物差しで判断できるのはせいぜい3~4くらいなのでは?と思いました。

ちなみに後進を育成しなければならない立場だと自覚していますが、4レベルまではなんとなく育成メニューは考えられます。でも本音としては自分よりも高いレベルに育って欲しいといつも思いますし、そうでないとつまらないと思います。が、診断が難しいようにそこのメニューを考えるのもまた難しいです。

結局答えもヒントも無いですが、悩みながら進むしかないのでしょうね。。。取りとめもない独り言だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。